はなまるうどんガイド

こんにちは。生活情報研究所です。今回は大人気、讃岐うどんのチェーン、はなまるうどんを調べました。
ただのチェーン店、と思っていたら大間違いのこだわりが詰まっていました。


はなまるうどんとは

うどんの本場讃岐、香川県高松市生まれのセルフ式「讃岐うどん」チェーン店です。
讃岐で、一番おいしいうどん店、一番よくいくうどん店の、両方で第一位に選ばれたことがある、本場の味がが自慢です。 サービスは本場「讃岐」と同じ「セルフ方式」になっています。
現在は吉野家ホールディングス100%子会社です。
カレーうどん千吉は子会社です。




うどん、だしの作り方、原料

お客様へおいしい商品を提供するための手間暇をしっかりかけていることが伺えます。口に入れるものなので、誠意が感じられることが大事です。


うどんの原料

うどんの原料である小麦粉は、オーストラリア産を主体に国内産等を配合、小麦全体に60%しか含まれない「最も質の高い一等粉」のみを使用。漂白剤、着色料などの食品添加物無添加。


はなまるうどん だしの作り方

だしの風味、味は時間とともに劣化してしまいます。
はなまるうどんは、各店舗ごとに、毎日、少量ずつ、だしを取っています。作りたてをお出しすることにより、だしの風味を最大限楽しめる工夫を行っているそうです。手間暇かかりますが、この作業が、美味しさということなのでしょう。

かけだし、つけだし、それぞれにあった「一番だし」を丁寧に抽出したあと、かけだしは厳選した数種類の特選醤油や塩などをブレンドした「かえし」を、つけだしは、厳選した数種類の本醸造醤油合わせています。
かけだし
厳選された「いりこ」と昆布だしをベースに、各素材の持ち味を最大限に抽出した、風味の強い「一番だし」のみ使用
つけだし
さば節、いわし煮干し、宗田鰹節、鰹節、うるめいわし節の5種類の原料を使用。


はなまるの醤油

モンドセレクションで、8年連続で最高金賞を受賞した世界一のおいしさだそうです。




主なメニュー、カロリー(小)、値段(小/中/大)

※一部の店舗では価格が異なっています。

はなまるうどんで公表している主なメニューのカロリーを抜粋しました。うどんは、シンプルで簡単なレシピほど、うどん本来の味と、こだわりのだしの味が楽しめるのでお勧めします。

カロリー表記はいずれも、小うどんのカロリーになります。
かけうどんの小が273kcalなので、うどん一玉はほぼ、270kcal目安と考えて頂けると思います。
うどんは小が1玉、中が2玉、大が3玉なので、中は小に270kcal追加大は540kcal追加が大体の目安となります(汁や具材が追加されれば増えますので、あくまで大体の目安としてくださいね)。

持ち帰り(テイクアウト)ができるかどうかは、店舗によって異なる、とHPで記載しています。
多くの店舗で持ち帰ることができるのは知っているのですが、HPの店舗情報を見ても、持ち帰り情報は記載されていないので、直接店舗で確認するほかないようです。
これだけ店舗があると仕方ないのかもしれませんが、ちょっと残念ですね。


つけだしうどん

・ぶっかけ|286kcal|300円/400円/500円
・温玉ぶっかけ|365kcal|300円/400円/500円
・釜あげ|284kcal|300円/400円/500円
・ざる|284kcal|300円/400円/500円


かけだしうどん

・きつね|460kcal|300円/400円/500円
・月見|354kcal|300円/400円/500円
・牛肉|680kcal|450円/550円/650円
・かけ|273kcal|130円/230円/330円


ごはんもの

・特製いなり|120kcal
・辛子明太子おにぎり|175kcal
・鮭おにぎり|187kcal
・しそ昆布むすび|190kcal
・カレーライス|(小)606kcal


店舗



2017年現在全国約400店舗を展開しています。毎月のように出店などがあるので、こちらの公式ホームページで確認してみてください。

公式ホームページの店舗一覧ページはこちら↓

https://www.hanamaruudon.com/shop/


はまるうどん アプリ

はなまるうどんでは、メニューや、近くの店舗と持ち帰り可否がすぐにわかるアプリを提供しています。新規アプリダウンロードで天ぷら1個、あとは利用に応じて割引などのクーポンがあるので、はなまるうどんをご利用の際は必携だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする