生活情報ガイド

就活スーツの選び方

就職活動において、面接の大切さを意識しない人はいないでしょう。

面接において、相手に与える第一印象がとても大切です。第一印象は3~5秒で決まる、とも言われています。しかも、一度決められてしまった印象を変えるのは難しいとされます。その後の質疑において、プラスから始まるのか、マイナスから始まるのか、大きな違いと言えるでしょう。

第一印象に最も影響するのが、ズバリ、「外見」です。

外見で判断するのは、自社の「顔」としてこの人材を受け入れられるか、社内で仲間となれるか、大事なお客様の目にどう映るか、という客観性を持って就活生のあなたを見ているからです。

どんなに準備をしていても、外見で仲間として受け入れられない、と思われたら勿体ないです。外見の印象は、髪型、服装、姿勢、でほぼ決まってしまいます。

中でも服装、就活スーツは、一度買ってしまえばずっと使い続けます。適当に買うのではなく、ポイントを押さえて、丁寧に選ばないともったいないです。

大事なのは、まず、色です。黒か紺を選ぶ人が多いと思います。メーカー、銀行といった固い業界向きです。マスコミや外資系企業など、ある程度個人の個性も大事にするような社風があるようであれば、グレーもいいでしょう。

スーツの型は、流行を追ったタイプではなく、オーソドックスなものにしましょう。

シャツは、男女共に、白が間違いありません。

男子の場合、目が行くのはネクタイです。素材か色目に柔らかいものを持ってくると良いでしょう。無難なところでは、青系かグレー系のレジメンタル(ストライプ)タイです。無地のものは汚れや毛羽立ちが目立ちます。ビジネスマンは、ネクタイは良いものを、と言われます。あまり安いものではなく、3000円程度で、自分に似合うものをきちんと選びましょう。

女子の場合は、シャツの色は白が間違いありませんが、ネクタイがない分、中のシャツが目立ちます。まず、スーツが黒だとシャツの白との対比が強く見え、険しく、暗い印象を与えかねません。スーツの色は黒よりは、紺色の方が、業界によって許される場合はホコリが目立ちにくいグレーがいいでしょう。また、シャツは第一ボタンまできっちり留めるシャツカラーは思っている以上に固く見えます。メーカーや銀行など固い業界、また、華奢な体系の方に向きます。第一ボタンがない、スキッパーカラーは普通体型、がっちり体型の方に向いています。控え目なボウタイやフリル、ギャザーも固い業界でなければ柔らかい印象になるのでお勧めできます。

採用担当者は数十人、多ければ百人以上面接します。女性はネクタイがない分、より一層個性が感じられず、シャツカラーのスーツに息苦しさを感じてしまう人も少なくありません。

大事に選んだスーツやシャツは、共に就職活動を戦う大事な戦友です。しわやシミ、汚れがないか、臭いはついていないか、大事にメンテナンスをして、最後まで戦ってもらいましょう。