今さら聞けない「YouTube」ガイド

「YouTube」のコンセプト

「YouTube」は、まるっと言ってしまうと、無料の動画共有サイトです。動画撮影用の特殊な設備やソフトウェアがなくても、会員登録すれば、撮影した動画をだれもがインターネット上でアップロードして、世界の人たちと共有して楽しめます。

Youは「あなた」、Tubeは「ブラウン管(テレビ)」という意味です。「YouTube」は、個人が自分のテレビ局を持ったかのように好きな動画を発信できる、また、見る時も好きなものを選んで楽しめるように、ということがコンセプトです。




「YouTube」の運営会社、歴史

2005年2月、オンライン決済サービスのペイパルPayPal社の20代(当時)の元社員3人が「家族や友達ともっと簡単に動画をシェアしたい」という目的のもとにカリフォルニア州サンマテオで創業しました。

10月に会社を今の本社の場所であるカリフォルニア州サンブルーノに移転、12月から公式サービスを開始しました。翌年2006年にはアメリカはもとより、日本でも話題になり、4月には映画の予告編がYouTubeで配信されたことをきっかけに、大企業や団体もコンテンツを公開するようになり、爆発的な人気を博すようになりました。

6月には、1日平均のアップロード数は、6万5000件に達し、その半年後、2006年12月にはグーグル社Google, Inc.との株式交換によって16億5000万ドルで買収され、現在はグループ会社の一つになりました。2007年6月には日本を含む9カ国に対応し、現在では23か国語版で動画を配信しています。

Googleに買収されたことにより、これまでの自由な投稿から、「アップロードされた動画に対し厳しい規制が取られてしまうのでは」と一般ユーザーから危惧が持たれていましたが、Google側は「YouTubeとしたブランドで独立したサービスを提供し続ける」とし、創業の精神を引き継いでいます。


「YouTube」無料動画・音楽の種類

YouTubeの全体構成は、トップページの左上の3本線をクリックすると出てくる「チャンネル一覧」を見ると分かります。大きく分けると、YouTube公式チャネルと、クリエイターチャネルに分かれています。

公式チャネルは、ディズニーやTV局、メーカーと言った企業が主にCMや、ドラマや映画の予告編を提供するものもありますが、中島みゆき、西野カナといった歌手が自身の楽曲を提供しているものもあります。

よく、ワンピースやアンパンマン、ドラえもんといったアニメや、TVドラマやバラエティ番組、映画、ライブなどの動画が上がっていますが、映画や、アニメなどTVの映像を第三者が無断で複製し、ネット上で公開することは著作権に反して違法になります。

YouTube では、不適切と考えられるコンテンツは YouTube コミュニティ メンバーの報告があった場合に、ガイドラインに沿って審査の上対応する、としています。

YouTube公式チャンネルにアニメやドラマ、バラエティ番組をまとめたチャンネルはありません。

「バラエティ動画倉庫」「アニメまとめ」のようなサイトは個人が、YouTubeに上げられたリンクを貼ってまとめているものが大半です。

現在、日本の法律では、著作権侵害の動画や音楽を視聴するだけでは犯罪にはなりませんが、ダウンロードすると犯罪になりますので十分ご注意ください。
 

YouTuberとは

いまや、小学生がなりたい職業の1位となっているYouTuber。
2011年4月に動画を配信して収益化できるプログラム“YouTubeパートナープログラム”が一般公開され、YouTubeで収入を稼ぐYouTuberが現れました。YouTuberは、このプログラムを利用することで自身の動画内に広告を表示させ、広告収入を得ることができます。

「YouTuber」のキャッチコピーは「好きなことで生きていく」です。「YouTube」は創業者たちのマインドを踏襲し、個人、自由、をコンセプトにブランディングしています。子供たちにとって分かりやすい、夢のある職業だということなのでしょう。

YouTubeパートナープログラムの広告の種類は以下の3種類です。

・インストリーム広告(動画が始まる前や途中のCMの映像)
・オーバーレイ広告(動画の下部によく表れる広告)
・サイドバー広告(画面の右上部分のサイドバーに表示される広告)

人気YouTuberともなると、企業とのタイアップ広告もあります。トップクラスの人気YouTuberのヒカル、ヒカキンは、億単位の年収となっているようです。詳細を調べたい方は、“SOCIALBLADE”というサイトで調べることができます。






「YouTube」動画・音声ダウンロード

「YouTube」の動画、および、音声ははダウンロードすることができます。
音声ファイルは「MP3」、動画ファイルは「MP4」というファイル形式となります。

動画のダウンロードができるサイトは星の数ほどありますが、初心者でも簡単なものをいくつかご紹介します。使い方はほぼ同じで、変換したい動画のURLをコピーして、ボタンをクリックするというシンプルなものです。


主な動画・音声ファイルダウンロードサイト

◆ Offliberty(オフリバティ)


YouTube以外にも、ニコニコ動画、FC2などの動画を簡単にダウンロードすることができます。
対応している動画サイトの数や簡単さで人気があります。
◆ OnlineVideoConverter.com(オンラインビデオコンバーター)


FaceBookを含め、世界的な動画サイトに対応しています。
◆ Catchvideo.net(キャッチビデオ)


YouTubeはもちろん、「Pandora.TV」や「Dailymotion」、「Vime」等の海外動画サイトなど、公式サイトに記載されているサイト以外の動画もダウンロード出来ることがありますので、他のサイトでダウンロード出来ないときは、試してみると良いかもしれません。
WMA, M4A, OGG, MP4,3GP, AVI, MPG, WMV, FLVへ変換が可能です。

<注意>日本においては、2010年1月1日より著作権法が改正され、音声及び映像に関する違法コンテンツのダウンロードが違法となりました。 これにより動画についても、違法コンテンツと知りながら、違法にアップロードされた動画をダウンロードする行為は処罰の対象となります。 そのためくれぐれも著作権を有する違法にアップロードされた動画をダウンロードしてしまったりしないよう、気を付けましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする